11/3 ドル円 下落の原因は?

日数のカウントはこちら

日足にて日数のカウントに便利です。


こんばんは。

今回はここ数日のドル円の推移について書きます。あくまで相場には相場のペースがあり、相場の行きたがっている方向は相場を見るのが一番。その事を理解していただければ幸いです。

まずは日足チャート。

fx11-3-1
高値105,532を更新した後に反転下落しました。

なぜ、下落したのか?答えは週足チャートにあります。

週足チャートです。ツールはスーパーボリンジャー。

fx11-3-2
10/9週にローソク足がセンターラインを上回ったタイミングで戻り上昇の局面に入りました。その後に第1ターゲットである+1シグマラインに到達。

このタイミングで遅行スパンがローソク足に接触しました。この場合、ローソク足はサポート(逆方向に跳ね返す)の役割を持ちます。こういった局面は戻り売りのタイミングとなります。今後も参考にして見て下さい。


最後のまとめです。ドル円のここ数日の下落は週足の遅行スパン等の影響のものでした。

普段は日足をベースにチャートを見ていますが、チャートはより大きい時間軸の影響を受けるものです。

例えば、日足であれば週足や月足の影響を受けるものです。これが「相場の大局感」といいます。大事にしましょう。

今回は以上です。

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

11/1 ドル円 最近の上昇について

こんばんは。少しだけほったらかしにしてました。でも今日で一段落です。

ではドル円行ってみましょう。

日足チャートです。

fx11-1-1
10/28に高値105,532を更新した後に反転下落しました。

なぜ、下落したのか?もちろん、原因は時間のサイクルにあります。

fx11-1-2

過去の高値圏(安値圏)からの基本数値が効きましたね。下がるべくして下がりました。時間の影響がいかに強いかがわかります。

今回は以上です。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ドル円 10月の振り返り

こんばんは。ひと休憩(?)の更新です。最近はひたすらPHP等の勉強をしてます。よく理解できてはいませんが(笑)

いつも通りドル円です。

今月はあと31日だけとなりました。月曜日ですね。なので今月の推移について振り返り、解説します。

以前にも書きました(過去の投稿)が、今月に入ってから日足にて買いシグナルが点灯しましたね。約10ヶ月ぶりです。

fx10-30-1
見てわかる通り、長期下落の終了を示唆しております。

なぜ、そうなったのか?原因はチャートを見ればわかります。

月足チャートを見てみましょう。スパンモデルです。

fx10-29-2
目先、ローソク足は戻りの目処である赤色スパンにタッチしています。そして何より遅行スパンです。

fx10-29-3
最近のドル円を押し戻した原因は遅行スパンとローソク足、又はスパンモデルとの位置関係です。

ローソク足またはスパンモデルはサポート(逆方向に跳ね返す)の役割を持っています。これが効いていますね。

今後の推移に注目です。

最後に、ここ最近の日数のカウントを載せておきます。ぜひお手元のチャートと一緒にご覧なって下さい。

fx10-29-4
時間のサイクルがいかに強力かがわかります。

今回は以上です。…朝まで勉強だ。

カテゴリー: 未分類 | コメントする